アトピー性皮膚炎の心理カウンセリング

アトピー性皮膚炎は広くなじみのある病名ですが、その症状はネーミングの軽さとは違った厳しい苦痛が伴う疾患です。

アトピー性皮膚炎の症状は、かゆみ、痛みのみならず、不眠、それに加えて見た目の問題と、症状により仕事が続けられない、行動の制限からQOL(生活の質)が低下してしまう問題等々と、心理的負担が非常に大きい疾患です。
これらを患者さんお一人が抱えると、それは孤独な闘病になります。
そうした悩みを、当カウンセリングルームでお話ししてみませんか。

皮膚と心は密接な関係を持つと考えられています。
心理的な負担を軽くし、過ごしやすい日常を手に入れるため、様々な方向から問題にアプローチをしていきます。

担当するカウンセラーも、長年のアトピー性皮膚炎の経験者です。
アトピー性皮膚炎の悩みは、画一的に扱われるものではありません。
そのため、個々の状況に合った心のケアとサポートが大切になると考えています。

*ご家族からのカウンセリングもお受けしております。
例えば、お子さんの症状でお悩みの親御さんはもちろん、身近なご家族の方からのご相談もお受けしています。

「カウンセラー略歴」はこちら