視覚障害者向け心理カウンセリング

当カウンセリングルームでは、視覚障がいをお持ちの方への心理カウンセリングを行っております。
周囲に障がいに関わる悩みを話せる環境がない…と感じる方は多いのではないでしょうか。
障がいの悩みは、家族や友人、医師や身近な人にも話しづらく、話してもなかなか理解を得られない現状があります。

そのため、当カウンセリングルームでは、視覚障がいの当事者がカウンセリングを担当いたします。
障がいに関わる悩みは、人の中で孤立感を覚える、どう生きて行って良いのか分からない、障がい福祉サービス、ヘルパーやガイドヘルパーの悩みなど、多岐にわたります。

メールでのカウンセリングですので、外への移動を気にせず、自宅にいながら相談が出来ます。
障がいと付き合っていく事は、物理的な面だけではなく、精神的にも心理的にも負担があるものです。
話せる場所がある、心の支えがある、安心して過ごしていきませんか。

*障がいをお持ちのご本人に限らず、ご家族や身近な立場でサポートをしている方への相談もお受けしております。
*こちらのホームページは、視覚障がいの方にも見やすく、使いやすいように作成しました。

「カウンセラー略歴」はこちら